最終的に選ばれるのはバイアグラ

ED治療の一貫として、バイアグラの服用と共に、カウンセリングを受けることも第一選択として有効かもしれません。

 

心理的要因が主な原因となって発病してしまっているケースが勃起不全には多い傾向にありますので、特に30代や40代といった若い世代多いようです。

 

心理的要因におきましては様々考えられますが、例えば仕事や家庭などと日常生活の中で発生するストレスが原因として考えられます。

 

特にパートナーと自分との間で生じているストレスについてが最も多くなっており、ED治療のカウンセリングの中では、主にこのストレスについて問いかけられます。

 

最初にEDを発症した原因を知ることから始めるのですが、性行為に対しての嗜好がパートナーと一致していないとか、どちらかが性行為に対して一般的とは異なる考えを持っているのがストレスとして考えられるでしょう。

 

また、セックステクニックが下手くそだったということが引き金になってしまい「性行為が失敗してしまうかも」と不安な状態に陥り、勃起機能がうまく働かなくなることもあります。

 

どのような原因であったとしても、パートナーとの間にある様々な問題点を自分なりに理解した上で、前向きに進んでいくためのアドバイスがカウンセリングではなされます。