最終的に選ばれるのはバイアグラ

話題のED治療薬のバイアグラにおきましては、PDE−5というPDEの働きを阻害させる作用を持っています。

 

そしてこのPDEと呼ばれる酵素においては、少しずつ異なっている幾つかの種類が存在しているのですが、それぞれ存在する部位は違います。

 

そしてPDE−5というのは、ペニスの陰茎動脈で蓄積されているPDEの呼び名のことを言います。

 

このことからバイアグラというのは、その含まれている成分が全身に届けられる飲み薬であったとしても、ペニスに対してしか作用することが無いのです。

 

ただし、その他のPDEに対して全く影響を与えることは無いかというと決してそういうワケではありません。

 

例えば、PDE−3という心臓の冠動脈にあるPDEに対しても作用するのです。

 

とはいいましても、PDE−5における約3000分の1程度の作用と非常に弱いという特徴がありますので、特殊なケースを除き、副作用が生じることはほぼ無いと思っても良いです。

 

本人がEDという不満を持っていない場合「セックスをしたい気分になれない」ということもあるかと思います。
しかしパートナーがセックスをしたい場合には、バイアグラを使った治療も受けることが出来ます。

 

注意点として、バイアグラで性的興奮が高まるというワケではありません。
あくまでも勃起機能を高める薬ですのでご注意ください。